クレジットカード情報非保持

セキュリティ対策!クレジットカード情報の非保持化対応

お客様のクレジットカード情報の漏えい防止対策

近年、ネットショップを利用する人々が増加すると比例して、クレジットカード番号等の漏えい事件や不正使用被害が増加の一途をたどっています。
その対策として、2018年6月1日から「改正割賦販売法(かっぷはんばいほう)」が施行されました。

改正割賦販売法(かっぷはんばいほう)とは?

ネットショップ事業者とクレジットカードを取り扱う加盟店は、「クレジットカード番号等の適切な管理」と「不正使用の防止」の二つの義務が課せられます。
クレジットカード番号等の適切な管理」とは、カード番号等の非保持化または、非保持化ができない場合はセキュリティに関する国際規格であるPCI DSS(Payment Card Industry Data Security Standard)に準拠する必要があります。
弊社では前者後者共に、適切な管理を実施しております。
「不正使用の防止」とは、実店舗のあるお店がクレジット決済端末を用いている場合、クレジットカードのICチップ対応が必要になります。弊社ではツアーの販売はオンラインに限りますので、この問題はクリアとなります。

クレジットカード情報の非保持とは?

自社保有の端末(パソコンなど)やネットワーク上で、お客様のクレジットカード情報を『保存』『処理』『通過』をしない。事にあります。
弊社では、アメリカ最大手Authorize.Net社のクレジットカード決済システムを導入しております。

お支払い手続き画面

ツアー料金をお支払い頂く際、お客様個人専用のマイアカウントにログイン後、Authorize.Net社のクレジットカード決済システムを通じてお手続きをして頂いております。

フォローよろしくお願い申し上げます。